枕草子

(続けて聞く) 第三十二段〜第四十六段     
 

   第三十二段 小白河といふ所は  後に来る車の

   第三十三段 七月ばかりいみじう   ひとげのすれば  第三十四段 木の花は

   第三十五段 池は   第三十六段  節は  第三十七段 花の木ならぬは

   第三十八段 鳥は   第三十九段 あてなるもの  第四十段 虫は

   第四十一段 七月ばかりに  第四十二段 にげなきもの

   第四十三段 細殿に、人あまた居て    第四十四段 主殿司こそ

   第四十五段 をのこはまた、随身こそ    第四十六段 職の御曹司の西面の  

一頁  二頁  三頁  四頁  


ほーむ